クレドとは?

CREDO(クレド)とは、企業活動が拠り所とする価値観・行動規範を表した言葉です。

ラテン語では「信念」「約束」という意味を持ちます。ここでは、東海産業が誇る自社のCREDOについてご紹介します。

代表者メッセージ

皆さんの「志し」がこの様な形で明確に表された事は、大きな喜びであり、感動で一杯です。

一人一人が考え・悩み・結実させたこの「志し」を、多くの方々に理解して頂き、実践して行きましょう。

東海産業が進むべき道、また各自の人生の大きな指標となるよう願ってやみません。

我々土木業が、社会に貢献出来るようガンバりましょう。

代表取締役   津山 建

CREDOの構成

1.コア・バリュー

コア・バリュ―とは、CREDOで定めた価値観よりも更に中核的な自社が提供する”真の価値”のことです。

東海産業では次のコア・バリューを定めています。

<発注者のお客様に対して>

信頼・安心な技術

<道民・市民のお客様に対して>

安心・安全な暮らし

2.行動基準

コア・バリュ―を達成するために、社員全員が心がけることを行動基準と言います。

 

・安全第一

全てのお客様に”信頼・安心”を提供するために、常に安全を最優先し、”正確性”を重視した作業に努めます。

 

・チームワーク

お互いに”思いやり”の心を忘れずに”対話力”を活かして、東海産業ならではの”団結力”で良い仕事を行います。

 

・高い品質

各人が”向上心”を持ってより高い工事品質を追求し、地域に欠かせない社会インフラの整備を実現していきます。

 

・機動力

高い工事品質を実現するために”スピード”や”動力”を意識し、発注者のお客様の期待を超える水準を目指します。

 

・プライド

土木・建築のプロとして”責任”を持った仕事を行います。その志や技術を次世代へ”継承・伝承”していきます。

 

CREDOカード

東海産業ではコア・バリューや行動基準を記載したCREDOカードを作成し、全社員に配布しています。

表面

裏面